即効性のあるネット戦略で業績向上を支援:(株)アームズ・エディション

企画担当者のご紹介

■菅谷 信一 / Shinichi Sugaya.
・株式会社アームズ・エディション・代表取締役。
・デジタルコンテンツ・プロデューサー/ネット活用コンサルタント
・一般社団法人 日本動画マーケティング協会 代表理事
・一般社団法人 竹田ランチェスターアカデミー 代表理事

キャリア20年で総額50億円の売上アップを支援したコンサル実績。
豊富な経験に基づく現場主義のコンサルタントです。

1969年、茨城県笠間市生まれ。獨協大学外国語大学卒業後、日立製作所関連会社で人事・教育を担当した後、障害者のための福祉施設「茨城福祉工場」で社内企業家として続々とヒットビジネスを企画する。2001年に独立開業。
インターネット業界歴18年のキャリアにおいて、建設業、製造業、サービス業など幅広い業種で、YouTube動画を活用した集客法を企業に支援し、これまでに総額50億円以上の売上アップの実績を持つ「YouTube集客専門コンサルタント」。
一円のコストもかけず短期間に成果を出し、超アナログ世代の経営者でも簡単に実践できる独自の「菅谷式YouTube戦略」を提唱し多くの実践成功者を輩出している。
年商3000万円・下請け9割の建築板金業を3年で年商2億、元請け9割に(茨城県水戸市の株式会社MURATA)、年商2400万円の工作機械販売商社を1年で年商1億6000万円に(埼玉県春日部市の株式会社鈴喜)各々、業績向上させるなど、即効性のあるネット戦略で支援するのが特徴。
2010年に著書「ネット経営逆転の法則」(ごま書房)を出版以降、「YouTube大富豪7つの教え」、「不況知らずのランチェスター最強経営力」など、YouTube戦略、ネット戦略、経営戦略関係の著書をコンスタントに出版。「あなたが先に儲けなさい」(経済界)はamazon500万冊の頂点の総合第一位、「YouTube動画でビジネス・人生を10倍開花させる法」(セルバ出版)は、韓国でも翻訳出版される。
全国で年間70回ほど開催されるセミナーでは、自身が手がけた豊富な業績改善事例を取り上げ、その舞台裏をユーモアも交えて赤裸々に紹介することが最大の特徴。
15分に一度の笑いで学ぶリラックスした雰囲気の講演スタイルながらも「次の日からそのまま真似して実践できる。」、「何から取り組めば良いがよく分かる」と全国の経営者に反響を呼んでいる。
現在、全国の中小企業へのコンサルティング、講演、著書執筆に精力的に活動中。

※詳しくは同社サイトをご参照ください。

あのボクシング元WBC世界チャンピオン「内藤大助」を影で支えていたのも、株式会社アームズ・エディション・菅谷信一でした。
菅谷は、内藤が所属する「宮田ジム」の先輩でもあり、彼が貧しく費用もない時代からずっと、内藤を無償で支え続けていたのです。同ジムのホームページ運営管理の他、試合のセコンドや計量の立ち合い、対戦相手との交渉にも付き添い続けていました。公式ポスター、パンフレット、試合当日にスタッフが着用するシャツ、応援タオル等のグッズ類も菅谷のプロデュースです。

■販売元:株式会社アームズエディション
http://www.arms-edition.com/
東京本社:〒108-0074 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F